問い合わせ先          生活研究アドバイザー制度とは

シニア・50才代以上の生活実態・マーケッティングが見えてきます.

シニアマーケッティングリサーチ

シニアの生活文化を創るために必要な高齢者の意識、ニーズ、ライフスタイルなどの情報を、全国に展開する平均年齢70才の男女2万人の会員が、実態調査に応ずるシステムです。

     


  • シニアの意見が知りたい、生の声が聞きたい。
  • シニアニーズ、本当に望んでいるものは何か。
  • シニアへの効果的なコミュニケーション方法を知りたい。
  • シニアのライフスタイルを知りたい。
  • シニアコミュニティーの本当の姿を知りたい。
  • シニア向けの新商品をテストマーケッティングしたいが、どうすればよいか。
  • シニアをターゲットとするマーケッティングを創る。

 

今世紀末まで続く高齢社会、マーケットのユーザーとしては貴重な存在になりつつある。 シニアの生活文化の創造こそ、NALCの生活研究アドバイザー制度の目的です。

システム

  • 調査対象
    希望人数、希望対象を実施日までにリクルート可能
  • 調査内容
    マーケッティングに関するあらゆる調査に対応可能
  • 調査分析
    思想に裏打ちされた調査(研究)分析は評価が高い
  • 費  用
    応分の寄付+諸経費実費 精算システム
  • 調査規模
    内容によりますが、1回 10名〜1,000名
  • 受託内容
    リクルート、印刷、発送、回収、集計、分析まで

調査モニター内容

モニター種類   内     容
郵送アンケート 郵送されてきたアンケート用紙に記入して返送する(A4・5枚が基本)
 
グループ
 インタビュー
会社、ホテル会議室などに行き提示された内容に付き色々な意見を述べる
(マンツーマン又はグループ) 交通費支給
 
来社モニターテスト 会社などに行って商品テストに参加し、意見や感想を述べる。
1日コース(約5時間)
半日コース(約2〜3時間)交通費支給
 
自宅モニターテスト 自宅で商品を試用してみてアンケートに書く。(サンプリング)1〜2週間使用
 
自宅訪問調査

諸々についてニーズ・意識などを訪問して意見など聞く。
 

電話アンケート
(インタービュー)

電話での質問に応対(10〜20分程度) 

 


生活研究アドバイザー実施の例




   

医療用品 インテリア 運送運搬業 福祉介護 家具メーカー 家電メーカー
医薬品メーカー 書籍出版 ゲーム機器 化粧品メーカー 趣味用品 寝具
新聞社 スポーツ用品 生活用品 通信販売 電力 電話 トラベル 
パソコンソフトメーカー、美理容業 不動産業 終末企業 衛生設備 出版社
健康器具 老人施設 健康食品 組合本部 大学研究室 道路公団

以上の他 新聞折り込み、新聞広告も併せて取り扱います。
NALCの会報「ナルク」5万部発行4ページ立て



 お問い合せは NALC本部  担当 宮本
   電話 06−6941−5448 FAX 06−6941−5130
Eメール:miyamoto@nalc.jp