2006年11月号  1面
 年 金 収 入 が 増 え な い の に・・・  
 税 金 や 保 険 料 が 何 倍 も 上 が る
        もう黙っておられない 行動あるのみ
 7月某日、大阪吹田市に住むFさんは生活費を引き出だしに郵便局に行った。ATMに通帳を入れ希望金額を入力すると通帳がスルスルと戻ってくる。画面には「残高不足」の表示。6月には年金も入っているし、なぜ? 慌てて通帳をよく見ると健康保険料、府市民税がいつもの3倍以上の金額が引き落とされている。
 慌てたのはFさんばかりではない。この月、全国の市町村の窓口、社会保険事務所には問い合わせが殺到した。しかし窓口からは「政府が決めたことだから」というつれない返事がかえってくるだけ。
 確かに今回のことは自民党と公明党が一昨年から行った税制改革によるものだ。しかし国会で十分審議が行われたとは言えないし、マスコミも詳しく報道しなかったことも事実だ。その結果全国に高齢者の怒りの声が渦巻いた。
 ナルクでは本誌を通じてこの怒りを募集したところ、続々投書が寄せられた。声を上げない弱者のみ負担を増やし、格差を拡大していく。こんな政治にもう我慢ができない。この怒りを、政治を変える力に高めていくことだ。
          今なぜ負担増なのか
借金まみれの国の財政再建と、超高齢化社会への対応のため、税金や年金の制度改革がこの数年相次いだ。その主な措置は控除の廃止と保険料金などのアップである。来年からは定律減税も廃止になる。「負担を公平に」という名目で、負担増は高齢者を直撃した。主な措置は下図の通り(7月26日付の朝日新聞より)。
平成16年
 1月   所得税の配偶者特別控除の上乗せ部分廃止
 4月   40歳〜65歳までの介護保険料改訂
10月   厚生年金保険料アップ開始
平成17年  1月   65歳以上の所得税の老年者控除の廃止と
      公的年金等控除見直し
 4月   国民年金保険料アップ開始。雇用保険料アップ 
     40歳〜65歳までの介護保険料改訂
 6月   住民税の配偶者特別控除の上乗せ部分廃止
平成18年  1月   所得税の定律減税半減 
 4月   65歳以上の介護保険料改訂
      40歳〜65歳も再度改訂
 6月   住民税の定律減税半減 
      65歳以上の住民税の老年者控除の廃止 
      65歳以上の住民税の公的年金等控除見直し
      65歳以上の住民税の非課税措置縮小
 10月  70歳以上の医療費自己負担額アップ

なぜ高齢者直撃

☆私にでもできる
   (豊中市 池田富美)
 税制改正で市民税が倍になった。介護保険料も大きくアップ、健康保険に至っては7万以上のアップ。病院の窓口での支払いが10月から3割負担、せめてどちらか1つならまだ許せるけど。
 76歳の夫は旧制中学卒業後、一生懸命働いてたくさんの税金を納めて、保険料も払ってきた。皆から集めたそんなお金を無駄遣いばかりして、全く許せない。「今お金がないのは老人が多すぎるから、医者通いばかりするから」とはあきれる。足りないと値上げ、これなら私にもできる。

☆果たして公平?
   (大阪市 豊島久美子) 
 公平と称して年金生活者や低所得者層からまで税金を取る仕組みは「取りやすいところから取る」と言われても仕方がない。「まず高額所得者優遇を見直す」のが順序だと考えるのは間違いだろうか。
 税制改正は、今後消費税アップなどまだまだ続く。老後の生活の見通しは暗い。為政者には創造力のある対応をお願いしたい。

小泉内閣の功罪

☆老人が安心できる国  (枚方市 福田勝博) 
 今年の3月、確定申告をしたときに悪い予感はしていた。案の定住民税は2倍になり、健康保険料も大幅に上がった。来年と再来年で定律減税20%が廃止になる。これはまともに所得税に響いてくる。原因は国の財政破綻である。しかし国のとった対策の何と安易なことか。国民の中で一番弱い高齢者を狙い打ちにしたのだ。結果は格差が広がっただけだ。新政権には「美しい国」でなくてもいいから老人が安心できる国にしてもらいたい。

☆国民に嘘はつくな  (釧路市 今井俊則)
 国民年金を40年間きちっと納め、安心して
暮らせる年金生活を約束したのに、景気が悪いからと、わずかな年金を減額する政府、国民に対する責任感というのはあるのだろうか。小泉内閣は問題の先送りが多く、無責任である。その無責任さが年金滞納者を生み、北方領土の発砲事件を生んでいる。いま総理大臣が変わる。新総理は国民に嘘をつかない政府を作ってもらいたい。

☆誰がこんな国にした  (枚方市 鈴木美枝子) 
 誰かに言いたいと思っていたらナルクが聞いてくれるという。
 今年の確定申告の時に4万円の追徴を取られた。年金だけの私が何故? 早速問題の社会保険庁へ問い合わせた。「控除がなくなり皆さんご不満のようですが、政府に言ってください」とふてくされた態度。さらに6月、介護保険料、健康保険料、府市民税の納付書がきてまたビックリ。どちらも今までの倍になっている。思わず市役所に電話。「お気の毒ですが税金の見直しがあり負担が増えたんです」の返事。
 小泉さんは痛みを分かち合って欲しいと言ったが、これでは弱い者イジメではないか。こんな国にしたのは誰だ。

知らなかった

☆行動する主婦に変身
  (彦根市 佐々泰子) 
 私は自分の介護保険料が夫の年金から差し引かれていることをつい最近知りました。何たる無知。こんな国民がいるからお役人がしたい放題をするのだと気がつきました。これからはもっと勉強して行動する主婦に変身します。

☆分かりにくい税制改正  (大阪市 謝花美枝子) 
 この夏、新聞の読者欄は「住民税の値上げ」で大賑わいだった。死活問題だと言う人やら「今さら何を言う、早くから言われていたことで、こんな政策を行う政党を選んだのが悪い」との声も。それにしても税制改正は分かりにくい。どう声を上げていいのかも分からない。

立ち上がろう

☆皆で悪法撤廃に  (豊中市 松本義男)
 ナルクは米国のAARPを手本に圧力団体を目指し、その中心的存在になるべきだ。資金が必要なら会費を4000円に戻してもいい。

☆高齢者の力を結集  (備前市 奥本志朗) 
 私は高齢者が力を合わせて立ち上がらなければ本当の高齢者福祉は実現しないと思う。ナルクのような行動力のある団体が「介護予防」などを通じて、皆で助け合う社会を目指して立ち上がろう。 

各党に公開質問状を   参議院選で白黒

ナルク会長高畑敬一
 作家の「なだいなだ」氏は、怒りを愚痴に終わらせず行動しようと、老人党の結成を呼びかけているが、その前にナルクとしては各政党に公開質問状を出して、「老年者控除全廃で負担増が何倍にもなる税制改革に賛成したのか反対したのか」
賛成した場合、
「その理由は?」 
「これ以上介護保険料や健康保険料を上げないための政策は」
などを聞き、それを見て投票態度を決めようではないか。
 高齢者の数が有権者に占める率は高く、投票率も若い人の倍以上になるので、怒りが力になる。政治は変わるはずだ。

 大阪市の65歳以上の夫婦二人で暮らす
年金生活者の住民税と国民健康保険を改
正前と改正後を比較してみた。
  (6月30日付けサンケイ新聞より)
                参照 
住民税     年額(単位:円)
年収 改正前 改正後
240万 9,600
300万 19,300 56,700
400万 55,100 94,800
500万 84,700 170,900

健康保険料  年額(単位:円)
収入
300万
平成17年 平成18年
75,274 109,959

                 2006年11月号 2面
新 拠 点
尼崎
  尼崎市武庫町1ー2ー6 
  山乃内方 電話 06ー6436ー6057
代表 山乃内昭夫
 10月1日(日)、関西地方は生憎の雨模様。この日、尼崎拠点が西宮から独立する形で新拠点としてスタートした。平成7年に「西宮・尼崎」としてナルク18番目の拠点としてスタートしたが、11年目に当初の目標である「より地域に根ざした活動」を展開すべく、尼崎拠点の独立となった。愛称もナルク119と決まった。
筑南
  土浦市荒川沖西1ー18ー3ー101
  崎村方 電話029ー802ー8024           代表 立川ヒロ子
 9月9日(土)、全国118番目の拠点として土浦に「筑南拠点」が誕生した。会場の国民宿舎「水郷」には予想を上回る50名を越える出席者が集まり、賑やかな総会となった。
 設立に当たっては水戸の林代表の骨身を惜しまぬ支援があり、1年前から介助活動も始め、満を持しての設立となった。
鳥取S
  鳥取市行徳2ー670
   電話 0857ー23ー8973 
      代表 西村 美津子
ナルクの理念に賛同した女性6人による全国初のスモール(S)拠点が11月に鳥取に誕生する。
 正規の活動拠点ができるまで、本部のS拠点事務局が事務処理を担当する。本部としては当面、遠距離介護を期待しているが、来年には体制を整えて正式に鳥取拠点になることを期待している。
中標津
  北海道標津郡中標津町西町2ー3
  電話 090ー9519ー0259 
       代表 澤井伸夫
設立総会は10月18日(水)午後3時から町内のホールで開催された。本部の旅行委員会主催の国内旅行団19名もお祝いに駆けつけ、賑やかな設立総会となった。          
代表の澤井伸夫さんが2年前の釧路拠点の設立に触発され、何とか「中標津にも拠点を」という熱い思いが実り、道内11番目の拠点としてスタートする運びとなった。
           女性の視点
              「子ども文庫」から「街角デイハウス」
                     浮舟ゆかり(泉州)
私が子ども支援を始めたのは27年前、1979年の国際児童年にさかのぼります。
 その年、岸和田市教育委員会の主催で、国際児童年を記念する「市民夏期大学」が開催されました。その講師に子ども文庫の草分けである正置友子さんが招かれ、千里ニュータウンの団地の6畳間に、2000冊の児童書を置いて、子ども文庫をされているお話を聞いたのがきっかけでした。
 さらに拍車をかけたのが小さな小さな児童館運動でした。それは月に1度、お菓子作りやレコード鑑賞など、できることでいいから「子どもたちに家庭を開放して、地域の教育力を高かめよう」という運動でした。
 早速週に1度、我が家を開放して子ども文庫を始めました。そして1年後には家の前にできたガレージを利用して「ワンワン文庫」が誕生しました。これは10人のお母さんたちがガレージ代を負担し、地域文庫としてスタートしたものです。1990年にはガレージから町の会館に引っ越しまして、立派な子ども文庫になりました。
 文庫は読書活動はもとより、孤立しがちな子育て中の母親たちのたまり場として、情報交換、仲間作りなど子育て支援の役割も果たしてきました。
 さて子育てが1段落すると、今度は親の介護に直面することになりました。9年前、文庫仲間の一人が新築したばかりの家を開放して、高齢者や障害者に昼食付きのミニデイサービスを始め、私もスタッフの一人として参加しました。
 翌年、大阪府と岸和田市の補助金により「街角デイサービス・希望」が誕生しました。そして4年後には民家に移転し、高齢者の介護予防を目的に再スタートしました。今も私は高齢者にできたての美味しい食事を食べてもらうために、食材の買い出しなどに奔走しています。
 文庫活動や公民館活動で知り合った仲間が、絵手紙やお話会の講師として関わってくれたり、ナルクの仲間による協力など、地域に住む高齢者の自立を地域住民の手で支援できる喜びを感じています。
 「ワンワン文庫」「希望」とも、スタッフの高齢化が進み、世代交代がこれからの課題です。
生涯学習センター ニュース
@司馬「街道を行く」
 12月3(日),4日 バス旅行新大阪発 
 NHK大河ドラマ「功名が辻」最終回に合 
 わせ、高知の山内一豊の別邸に泊まる。
    (申込お早く・どなたでも)
            問合せ:本部藤岡
A文章教室 無事最終回を迎えた。
  46名の皆様ご苦労様でした。
 (講師山田)
BJ&Bコーラス
 第2/4金 13時  産業創造館15F 
  5周年記念公演を来年4月に予定。
C劇団ナルク
 第2/4金15時  産業創造館15F
    楽しい喜劇稽古中 
      男女団員募集 茶谷
知っ得
 国民の豊かさ国際比較A
文明指標
 1回目は「健康」についての指標をご紹介いたしましたが、今回とりあげる「文明指標」も「健康」と同様、日本は総合で8位にランクされています。          (白石勝也)

1) 自動車数
  日本の人口1000人あたりの、自動車数は、約600台で世界ランク8位である。
  1位はアメリカの800台、以下ポルトガル、ルクセンブルグ、ニュージランド、イタリア、アイスランド、オーストラリアと続く。最下位はトルコの約150台。

2) 電力消費量
 国民1人あたりの電力消費量(2002年)は、アイスランドが約二万七千キロワットで1位。以下ノルウエー、カナダ、フィンランドと寒い国が続く。日本は8000キロワットで第10位であった。

3) 携帯電話数
 人口1000人あたりの携帯電話の保有台数は1位のルクセンブルグが1200台と1人で複数を所有している。日本は700台で24位。(図1)

4)パソコン台数
人口1000人あたりのパソコンの数は、約750台のスイスがトップ。2位アメリカ、3位スウェーデンの順。日本は世界平均の400台で17位であった。

5) インターネットの普及
 人口1000人あたりユーザー数は1位のアイスランドが約700人。以下韓国、スウェーデンと続き、日本は約500人で11位。
6)日刊紙数
人口1000人あたりの日刊紙の数は、日本は前回1位であったが、今回は2位に甘んじた。しかし1位のノルウエーとは僅差。(図2)

7)ハイテク製品の輸出
 ハイテク製品の輸出は日本が上位と思いきや、何と17位。1位アイルランド、2位オランダだが、1位と2位の間には大きな開きがある。

8) テレビ台数
 人口1000人あたりの台数は1位がスウェーデン、2位アメリカ、3位英国で日本は約750台で7位。(図3)









                  2006年11月号 3面
           ナルクシニアネット東京設立

 9月26日、東京港区の男女平等参画センターで、シニアネット東京(略称SN東京)の設立総会が行われた。
 SN東京はその名の通り、インターネットを介してナルクの存在を広く世に知らしめ、シニアの活動参加を促し、とくに団塊の世代など新シニアへ情報発信することを目的に設立された。
 従来の拠点と違って特定地域に立脚しない活動拠点である。生活活研究アドバイザーの中のインターネットモニターを受託することが当初の活動。東京に立地する強みを生かし、企業や官公庁からのアンケートを請け、シニアマーケットを開発、ナルクの事業収益にも寄与するのが目標。同時に会員の意見交換や相互交流の場としてのネット・コミュニティを構築することが重要課題である。
 そのためには多くの会員がアンケート・モニターとして登録していただくことが急務なので、ぜひ参加登録をお願いしたい。
       拠点住所 
          東京都港区三田4ー12ー14 シャネックスB1電話03ー3455ー3299
               記者レポート

尼崎

 兵庫福祉調査センター設立を記念して「認知症に対する正しい理解」をテーマに研修会を開催します。
        日時:   11月12日14時
        場所:   西宮市総合福祉   センター
        内容:   長谷川和夫先生   のビデオ講座
        認知症疑似体験講師:    桑山信子氏
        費用無料
        申し込みはFAXでWACゆずり葉へ。06ー6429ー8543 
                                        (山之内昭夫)
 
銚子
 2月の例会で「いろいろな活動の場面で使えるナルクのロゴ入りのエプロンを作ろう」という提案があり、5人の実働部隊が献身的に作業にあたった結果、このほど素晴らしいエプロンが出来上がった=写真。
 これは障害者施設の作業の一環として行われたもので、施設の経済的支援にも繋がっている。お腹の出た男性にも好評とか。1枚1500円。(藤本正雄)

茂原
 
 昨年に引き続き「歩行者天国」の商店街で「子どもの遊び広場」を開催する。日時は11月の11日と12日。主催はナルク茂原と地元の商店街。遊び広場では昔遊び・落書きコーナー・紙芝居・子どもフリーマーケットなど多彩な催しがいっぱい。次代を担う子どもたちの健全な発育を願い、茂原市をはじめ多くの団体が支援してくれる。
(松永徳弥)

奈良
 奈良と千葉との間で「遠距離助け合い」が行われた。奈良西ブロックの岡田健介さんは千葉県に留守宅がある。「しばらく忙しくて千葉へ行けないので庭木の剪定と草刈りをお願いしたいのですが」という依頼を奈良拠点が受けて、早速「東葛拠点」にお願いしたところ、二つ返事でOK。
 古川事務局長を始め9人が延べ33時間がかりで大仕事を完了させてくれた。
 岡田さんは「見違えるようにきれいになった写真を送っていただき感激しています。改めてナルクの組織力と優しさを実感しました」と感謝している。
 (大蔦捷太郎)

水戸
 9月3日に「第24回全国失語症者の集い茨城大会」が水戸市で開催された。失語症とは脳卒中や頭部外傷により会話が不可能或いは不自由な障害者で、全国に約50万人がいる。
 当日は会場の茨城県民文化センターに北海道から沖縄まで全国から約400人の失語症者とその家族または介護者が集まった。ボランティアは約200人(ナルクは16人)で介護関連の学生を中心に圧倒的に若い人達で、中高年のナルク水戸のメンバーは特異な存在として注目を集めた。(和田修身)
トピックス
              おもしろ京都学
                         京の座禅
 南禅寺の僧侶は冬でも素足に草鞋で、大声を上げながら托鉢をする。その行動はきびきびしていて隙がない。これは日頃の座禅の賜物。
 座禅は日頃私たちが行っている吸気中心の呼吸ではなく呼気中心の腹式呼吸を行う。腹式呼吸は息を全て吐ききるので腹筋の力が鍛えられる。座禅では線香が燃え尽きるまでその呼吸法を行うので有酸素運動と同じ心身をリラックスさせる効果もあるという。
         拠点リレー訪問S 
                 ナルク富田林「露子の会」
 
テーマは 行動!感動!継続!

 
 ナルク富田林は「露子の会」という魅力的な愛称を持っています。その由来は地元ゆかりの有名な美人歌人「石上(いそのかみ)露子」です。露子は与謝野鉄幹が主催する新詩社の社友、同社の雑誌「明星」に短歌、詩を投稿して与謝野晶子らとともに新詩社の5才媛と称された方です。
 「露子の会」のテーマは「行動!感動!継続!」、会報の「露子さんのサロン」、「会員の窓」の短歌や花の絵をあしらった装丁などから会員の皆さんの露子への思いと芸術を愛する気持ちが伝わってきます。この気持ちが地域や子供たち、高齢の方たちへの優しさ、行動力となっていることを強く感じました。
 学校と合同で清掃を行う「みどりの日」の行事があると聞いて取材に伺いました。
 指定された高辺台小学校は住宅地の中にあります。8時過ぎという早朝にもかかわらず学校の周りには三々五々箒を持って掃除しているナルクの方がおり、校庭には200名余りの子供たちと100名以上の父兄と先生方が集まって賑やかです。「露子の会」は2004年5月に設立して2年あまり、会員50名の会ですが当日は多くの会員が参加、子供たちと一緒に学校の中と周りの清掃、枝の剪定などで大童でした。 その後は校長室で久保代表、奥村事務局長はじめナルクの方々に山元校長先生も入っていただいて和やかに懇談。
 校長先生は「ナルクの方が子供たちとの挨拶運動を始められたのがきっかけで皆が挨拶の声が出るようになった。ナルクの皆さんが子供たちに良い影響を与えていることに感謝しています。今後も一緒に活動を広げていきましょう」とお話をしてくださいました。素晴らしいことですね。
 「露子の会」は次のような活動を行っています。
●アドプト・ロードの日(通学路クリーン作戦、挨拶作戦)
 毎月第1月曜日の朝、ナルク会員と児童や先生が協働して高辺台小学校の通学路の美化活動に取り組みながら、安全見守り活動を行います。この活動は「アドプト・ロード・高小〜北道路」として大阪府に認定され、大阪府警のホームページにも記事が掲載されました。
●童謡・唱歌の出張ボランティア
 2箇所の福祉老人健康施設のほか、老人クラブなどで毎月定期的に実施。ピアノ伴奏と歌の指導会員(ダークドッグス)がお年寄りと一緒に大声で懐かしい日本の歌を歌っています。独自に作ったきれいな歌集がユニーク。
●地域子供教室
・小学校3校小学校で主に百人一首やお絵描き の指導をしながら児童達と一緒に遊ぶ定期的な活動。
・1〜3歳児の預かりの活動支援。
●各種イベント、バザー夜店の参加で会員相互の親睦。中学でのスポーツフェスタや祭りのバザー参加、盆踊りでの夜店出店などは会員相互の親睦を高める活動。
●身近かな法律相談のコラム
 久保代表が司法書士として会報に毎号書いておられる「一緒に考えましょう」のコラムです。相続、遺言など私達に身近な法律問題を易しく解説しているユニークなコラムですのでぜひご覧ください。近隣の拠点でもお話されて大好評。
 「露子の会」は地域、学校などとのユニークな関係、会員同士の強い結束力を基盤に今後ますます発展されることでしょう。
                                             野村文夫
          第12回会長杯 ゴルフコンペ

     日時:  11月30日(木)   8時30分集合
     場所:  比良ゴルフ倶楽部 (湖西道路真野IC)
     会費:  11,000円 (含昼食費・パーティ代)
           申し込み:FAXでびわこ湖西事務局   077ー594ー0838